社会人英会話とTOEIC


近年のビジネスにおける英語の重要性については、いまだかつて無いほど高まっていると言えるでしょう。ここ数年で社員に英語習得を義務付けるようになった企業は非常に多いように感じます。今から英会話の学習を始めようと考えている人の中には、会社から英語を学習するように指導をされたとかそういう雰囲気を感じ取ったという方は多いと思います。
これまで仕事で海外とやりとりをする機会がなく「自分の業務では英語は必要ない」考えていた人たちまでが、英語習得を昇進昇格の条件にされているのだろうと思います。企業は何をもって社員の英語力を判断しているのでしょうか。ほとんどの企業では従業員の英語の技能はTOEICのスコアで判断していると思います。大手の英会話教室の発表によりますと、上場企業のうち6割以上の会社が何らかの形でTOEICのスコアを利用しているといいます。このような背景から、TOEICの受験者数はうなぎのぼりになっています。
そのためにも英語学習はTOEICに焦点を当てた人が多いと思います。その出題は「リスニング」「リーディング」の二項目からなり、「スピーキング」「ライティン」能力を問うものはありません。うものはない。
そのためTOEICの問題に取り上げられる語彙やテーマはビジネス分野に馴染むものが中心となり、短時間に多くの問題をこなすスピードが求められる試験だと言えるでしょう。TOEIC最大の特徴とも言えるのは、受験者が同じ問題を解くことにより、受験者の相対的な英語力の水準が測れることでしょう。このため、英語初心者の人にとっては何度もTOEICを受験したことがある方と同じ問題を説かなくてならないために、教材選びや学習法の/難しさにつながっているのだろうと思います。実際、書店に行けばTOEICの学習法を指南する本やテキストは何冊も並んでいることでしょう。この教材には初心者からさらなるレベルアップを目指す人など幅広い受験者に向けた教材が並んでいます。短い期間で効率よくスコアをアップするには、実力に応じた対策をとることが不可欠でしょう。