試験結果の向上

日本にはたくさんの英語勉強法があります。英語学習の目的をTOEICの点数アップに絞ると、はたしてどのようなやり方が効果的なのでしょうか。大手新聞社のアンケートで在TOEIC勉強中の500人にから集めたデータでは様々なことがわかってきます。
まず、試験受験者のうち最終学歴が大学の方が6割近くに達し、さらに大学院まで進学された方は20%で、大卒以上の学歴の方が8割近くに上ることがわかりました。つまり、ほとんどの方が受験英語を経験済みだと言えるでしょう。また、試験の受験回数は未経験が5%未満。一回だけは1割程度。つまりそれ以外の8割5部が複数回受験者であることがわかります。
一概に言うことはできませんが、受験回数が多いほど成績が高くなる傾向にあることもわかってきました。「短時間の勉強で点数を大きく上げるのは難しいでしく、何度も挑戦し続けることでスコアがどんどんと上達していくことが分かるでしょう。特に社会人から英語学習を始めようと考えている方は、学生の時と比べて勉強に用いることができる時間が限られますから、継続こそが英語の上達の秘訣と言えるかもしれません。