英語のコツを掴む

社会人になって入社時にTOEICを受験した場合の、一般的な点数は500-550点ほどといわれています。ビジネスマンになってからも人事評価として英語力は試されることでしょう。受験生だけでなく、社会人にとってもスコアアップは切実です。しかし、英語は大学受験以来という方もいらっしゃるでしょう。そうすると、どうしても裏ワザ的なノウハワ本に手が伸びてしまいがちだと思います。
確かに、ある種の試験ではテストでハイスコアを取るコツがあります。しかし、そのコツは英語力の土台があったうえで使わなければ点数には結びつかないと思います。しかし、TOEICはほぼ毎月試験が行われていますし、それ以外でもいつまでにどれだけの英語力を求められる社会人の方は多いと思います。悠長なことを言っていられない事情もあるでしょう。ここでは次のテストまでの二カ月として何をするべきかを示してみたいと思います。
最初の一カ月は英語力の底上げを目指しましょう。残り一カ月はコツの習得と使いこなし、問題を解けるようにすることを練習しましょう。週末は集中して、ガッツリ勉強、平日は通勤やランチタイムのスキマ時聞を活用してリスニング対策や語業増強に励むことが良いと思います。これをみっちり続けると、500点から700点までのスコア上昇が期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です