優しい勘違い

日本国内を旅行中に、日本語で道を尋ねると、なぜか片言の英会話で案内される事が稀にあります。完全に、私自身の事を訪日外国人と勘違いして、英会話で道案内をして下さる、優しい日本人の皆さんの気持ちを考えると、いつも「日本人です。」とは、申し出る事ができずに、こちらも片言の英語でお礼を言って別れます。私の日本語の使い方が悪いことで、道を尋ねた皆さんが、私のことを海外からやってきた観光客に感じてしまうのか、日本国内の観光地で日本語で道を尋ねると、必ず困った顔をされて、たどたどしい英語でレクチャーされてしまいます。皆さん、本当に親切に道案内して下さいましたが、急に街中で訪日観光客の人々に声をかけられると、なかなかスムーズには英会話のフレーズが出てこないものですよね。そんな時の為に、少しばかりですが、日常的な英会話フレーズを訓練しようと思っています。

 

  • 街中で訪日観光客の人に、道をきかれたけれど、周辺の地理に詳しくなかった時のフレーズ

「Sorry, I’m stranger here myself.」ごめんなさい、私もこの付近には詳しくないのです。

 

  • 「このまままっすぐ5分ほど歩いて下さい」と、道案内を試みる時のフレーズ

「Go along this road.」このまま道なりに進んで下さい。

「It’s about a five minute walk from here.」ここから5分ほどで着きますよ。

 

「この土地に詳しくない」というフレーズには、「Stranger」イコール「よそ者」というフレーズを使うのですね。なんだか響きがカッコよく聞こえます。外国人に道を聞かれても、その土地に詳しくない時は、曖昧な返答をするよりは、きちんと分からないのでごめんなさいと、きちんと断りを言える人も素敵に見えます。そんな時は、周囲にいる地元の人に声をかけて、代わりに尋ねてあげるおせっかいも必要かもしれません。もしくは、最寄の交番などが、スマートフォンなどで検索できれば交番の窓口にご案内してあげる対策も良いかもしれません。ちなみに交番は「Police box」というようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です